円建外債について

円建外債とは、一般的にサムライ債と呼ばれていたり、サムライボンドといった呼び方をされています。
海外に住んでいる人が、日本の投資家をターゲットにして日本国内のマーケットで円建で発行している債権です。
円建外債の発行体は、色々とありますが、国際機関や外国の政府、政府系機関や外国の民間企業なども含まれます。
1970年にアジア開発銀行が、野村證券を主幹事にして60億円の債権を発行したというのが一番最初の円建外債になります。
円建外債は国内で発行される国内債ですから、日本法を準拠法にしています。
円建外債の種類は、利払い、元本の他にデュアル債、リバースデュアル債などもあります。
NISAの口座は子供名義でも作れる?【口座開設の注意点は?】