レーザー脱毛器は効果が無い?本当はどうなの?

最近では脱毛する男性も増えてきました。

芸人さんの間では脱毛している方も多く、カズレーザーさんやワッキーさんなどが脱毛していることを公言していますね。

脱毛に興味があるけど、行く勇気がなかなか...と言う方もまだまだ多いかと思います。

そんな方に使ってほしいのが家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器であれば、人目を気にする必要もありません。

自分の都合の良いときにムダ毛を処理することができるので、仕事が忙しくても合間に脱毛することができるのです。

男性の場合美容グッズに疎いと言う方も多いかと思いますが、脱毛器のハズレは本当に使い物にならないので、最低限口コミのチェックは行いましょう。

脱毛は痛いというイメージがありませんか?確かにセルフ処理の場合、毛抜きで抜く場合があるかと思いますが結構痛いですよね。

また、ガムテープなどで毛を引き抜くのも痛いです。

ソイエみたいな脱毛器も当然痛いです。

最近はワックス脱毛も人気ですが、こちらも無理やり毛を引き抜くタイプの脱毛法ですからやっぱり痛いです。

それではフラッシュ脱毛は痛くないのか?というと、無理やり抜く脱毛法と比較すれば全然痛みはないと思います。

光を照射するので熱さを感じることがありますが、照射前にアイスノンで照射部分をしっかり冷やしておけば痛みはほぼ感じないと言えるでしょう。

痛いのを我慢して脱毛するのは肌にもよくありませんので、無理のない脱毛をおすすめします。

近ごろでは、季節に関係することなく、あまりたくさんの服を着ない女性が増加しています。

女性の方々は、ムダ毛の脱毛のやり方に常に頭を悩ませていることでしょう。

いろいろあるムダ毛の脱毛方法の中で、最も簡単にできるのは、やっぱり自宅で脱毛することですよね。

脱毛器を買いたいなと思っていても、効果が出なかったらと思うと、一歩が踏み出せないですよね。

安い脱毛器は数千円程度で売っているものもありますが、高いものだと5万円以上するものもあります。

メーカーによっては、全額返金保証などのサービスがある場合もあるのですが、ほとんどの脱毛器にはそのようなサービスはありません。

また、全額返金保証を受けるには、火傷をしたなどの理由(要診断書)がないと保証が適用されなかったりもするので、全額返金保証制度があるからといって、どんな理由でも返品ができるとは限らないということは覚えておきましょう。

それでは、何を基準に判断すればよいのか分からないですよね。

そういったときは口コミを参考にしましょう。

ただし、口コミにも信用に足るものと足らないものがありますので、良い評価悪い評価、いずれも目を通すことが大切です。

また、実際に購入している人の体験談なども参考になると思います。

初めて脱毛器を使う人が気がかりなのが痛みだと思います。

痛くない脱毛器もあるならば、痛みを強く感じる脱毛器もあるのです。

また、太い毛や皮膚の薄い個所を脱毛する時には、強い刺激を感じることが多いです。

使う部位や肌の状態に合わせて出力を調節できる脱毛器をチョイスするのがオススメです。

ヒゲ剃りから解放されたいと願っている方にオススメなのが家庭用脱毛器です。

脱毛サロンや医療脱毛による脱毛でも問題ないのですが、脱毛サロンに通うことに抵抗があるという方も多いでしょうし、通っているのを知られたくないという人も多いかと思います。

家庭用の脱毛器だったら、人の目を気にすることもありませんし時間に縛られることもなく、自分の都合の良いタイミングで脱毛することができます。

また、脱毛サロンを利用する場合、高額な費用が発生する可能性がありますが、脱毛器だったら1万から3万円程度で売っていますし、楽天で不動の人気を誇るケノンでも7万程度で購入することができます。

なお、ケノンは前進に使うことができるのでヒゲ脱毛もできますよ。

家庭用の脱毛器は毛抜きを使うよりは、肌への負担が小さい方法です。

永久脱毛を売りにした商品もありますが、レーザーは基本的に病院でしか使用できないと決まっているので、永久脱毛にはなりません。

参照:レーザー脱毛器効果なし?2ch評価を信じる前に!【口コミ効果を比較】

ですが、繰り返し使用することで、毛を減らすことができます。

ある程度は、ムダ毛処理不要な状態にすることは可能なのです。

パナソニックの脱毛器ソイエをご存知ですか?最近主流の脱毛器は光脱毛と呼ばれる脱毛法で、毛母細胞を破壊し脱毛を促します。

一方のソイエはというと、ムダ毛を引き抜く脱毛器です。

ムダ毛を無理やり引き抜きますので、確かに脱毛はできます。

しかし、それは一時的な効果でしかありません。

確かに、1週間程度はツルツルを維持できるかと思いますが毛母細胞はそのまま残っていますから、普通にムダ毛が生えてきます。

一時的でもムダ毛を処理しなくてよくなりますので効果はあると言えますが、ソイエは無理やり毛を引き抜く脱毛器ですからとても痛いです。

脱毛器を使って永久脱毛にトライしたいと以前から考えている方もいるかもしれません。

脱毛器にはクリニックでも使われているレーザーを使うタイプのものがあります。

ですが、安全のためを考えてパワーが弱めになっているので、残念ですが永久脱毛することはできません。

永久脱毛がしたい場合、専門のクリニックで医療脱毛をされるといいでしょう。

イーモリジュはイーモという脱毛器の後継機で、旧機種より機能を強化してトリプルショットも可能にしたフラッシュ脱毛器です。

スキンケア用のカートリッジが付属していて美顔器としても使えますし、1カートリッジあたり18 000回照射できるというトップクラスの性能で、トップクラスのコストパフォーマンスです。

約3秒でチャージが済むので、同じ部位を脱毛するのにも時間が短くて済むようになりました。

ただ、イーモリジュよりあとに発売されたケノンのほうが連射機能や使用部位の多さもあって、人気が高いです。

自宅で使用することのできる脱毛器には、カートリッジを交換しなければいけないものも多いので、購入する際は、留意すると良いでしょう。

ランニングコストを無視して購入すると脱毛することが難しくなります。

一方、カートリッジ交換が無いタイプの脱毛器が良いかと言われれば、結局は本体を交換しなくてはならないので、使用する頻度が高いと金銭面で損だと考えられます。

昨今では、いつの季節でも、薄手のファッションの女の人が増加しています。

女性の方々は、体毛の脱毛方法に事あるごとに頭を悩ませていることでしょう。

ムダ毛のお手入れの仕方はたくさんありますが、一番分かりやすい方法は、自宅での脱毛が魅力的ですよね。

VIOのムダ毛に困っている方も多いはず。

VIOとは、いわゆるアンダーヘアーのことですね。

最近では女性だけでなく、男性もVIO脱毛をしている人が増えているんですよ。

家庭用の脱毛器でデリケートエリアの脱毛を行う場合、その脱毛器がVIO脱毛を推奨しているか確認することが大切です。

VIOはとても皮膚が薄くとてもデリケートな部分ですので脱毛には細心の注意が必要です。

家庭用脱毛器の場合、Iラインは局部に近くなりますので使用を認めていないものも多いです。

また、IラインやOラインに関しましては、自分で処理しづらい個所でもありますので医療脱毛等の利用をおすすめします。

IラインOラインだけであれば施術費用も比較的安く済むと思います。

最近では介護に備えて介護脱毛というのも流行っているそうです。

近頃は、春夏秋冬関係なく、服をあまり着ないファッションの女性をみかける事が増えています。

女性である方は、スネ毛などを脱毛する処理方法にいつもなやんでいることでしょう。

スネ毛などの毛をなくす方法はいろいろとありますが、とても簡単なやり方は、やっぱり家で毛を抜く方法ですよね。

全身脱毛を自宅で出来たら楽なのにと考えている人は多いですよね。

脱毛サロンで全身脱毛を施術してもらうとなると数十万はしますし、1年以上は通う必要がありますのでちょっと大変です。

最近では家庭用脱毛器もバリエーションが多くなり、ほぼ全身に利用できるものも数多く発売されています。

ただし、背中を脱毛する場合等、流石に一人ではやり辛いというデメリットもあります。

また、顏やVIOには使用不可の脱毛器もありますので、使用前には必ず説明書をよく読み、誤った使い方をしないように気を付けましょう。

トリアの場合、照射口が小さいので全身脱毛には向いていませんが、比較的照射口が広いケノンなどであれば全身にもオススメです。

目的や用途に合わせて脱毛器を選ぶと良いですね。