青汁で明日葉のが人気なの?

青汁はたくさんの原料で作られています。
主な材料として、ケール、大麦若葉、緑茶、ゴーヤ、桑の葉などたくさんあります。
このようにたくさんある青汁の中で、明日葉を原料とした青汁はなぜ人気があるのでしょうか。
明日葉というこの字ですが、今日明日、葉を摘んでも明日には積んだ箇所がすでにはえてきていることから、この名前が付きました。
この生命力ある名前の通り、栄養素は他の原料の青汁よりも高いようです。
青汁の原料として、有名なケールと比較してもビタミン、βカロチン、食物繊維、たんぱく質、などなどさまざまな栄養素が高いようです。
青汁の明日葉は、日本では大変温暖な気候である、八丈島や伊豆大島などで育てられており、国産の安全なものがあるため安心して飲むことができますよ。
明日葉の特徴は、他にカルコンやクマリンといった薬効成分が含まれていることです。
カルコンとはポリフェノールの1種で、明日葉特有の栄養素と言われています。
カルコンは胃酸の分泌を抑える効果、血液の粘着などを抑えて血液をサラサラにし、血栓を防ぐ効果、そして脂肪細胞の分化と分化した脂肪細胞におけるぶどう糖の取り込みを促進させるインスリンと同じような効果があることが分かっています。
クマリンは、パセリや柑橘類に含まれる栄養素です。
他の野菜や果物にも含まれていますが、明日葉には多くのクマリンが含まれています。
効果は、抗菌作用や血栓防止薬などがあります。
しかし注目されているのは、アルツハイマー型認知症を予防する治療に有効ではないかと研究が進められ注目されています。