消費者金融と銀行カードローンの違いとは?

カードローンとは、借金専用のカードを作ることで毎回手続きをしなくても融資を可能にするカードで、一度カードを作ってしまえば利用限度額内であれば何度でも借り入れができます。
カードローンを提供している金融業者は銀行と消費者金融があります。
双方の違いは、銀行は「銀行法」に基づいて営業しており、消費者金融は「貸金業法」に基づいて営業していることです。
銀行法と貸金業法の一番の違いは、総量規制ではないかと思います。
総量規制とは利用者の「借りすぎ」を防ぐために、年収の1/3を超える借入を禁止した制度で、この1/3の借入とは利用者のすべての借入総額を意味します。
一方、銀行法では総量規制の規制は無いので、銀行のカードローンは銀行が定めた借り入れ限度額の範囲なら自由に借り入れることができます。